床清掃 当社使用資機材紹介 ウェットバキューム

ウェットバキュームについて

 

この機械はウェットバキュームという機械で、名前そのまま汚水を吸い取る機械です。

 

ポリシャーでアジテーションを加えて汚れを水の中に懸濁させるのが前工程の洗浄の工程ですが、その次にその汚水の回収の工程で使用するのがこの機械です。

 

以前はフロアスクイージーというものと水取り用のちりとりを使って汚水の回収を行っていました。

 

このやり方の業者さんもまだまだ多いかと思います。

 

ただ、この人の手でやる汚水回収は実はかなりテクニカルです。しっかりできるようになるのに時間がかかります。床清掃の施工手順の中でもたぶん一番習熟に時間がかかると思います。ベテランさんとルーキーの差がでやすい、つまり作業品質が安定しないという欠点があります。

作業も一回汚水を一ヶ所に集めてから回収という手順なので、思わぬ場所に水が流れ込んでしまい、トラブルになりやすいという欠点もあります。

 

それと、凹凸のある床面だと回収率が低くなります。

回収率が低いということはその後モップで吹き上げるにせよ、汚れが残りやすいということです。

 

というわけで今ではこの汚水回収という作業も、このウェットバキュームという    機械を使用してのものに替わってきています。

 

地味なメリットとしてスクイージを使った手作業は「後退作業」で、バキュームによる作業は「前進作業」になり、安全性と作業性が良いというのもあります。

 

充電式のメリットについて

 

これも最近充電式が出てきてまた便利です。

 

これは充電式のポリシャーもそうですが、充電式のマシーンの「コードが無い」というのは作業の面でとてつもないメリットがあります。

 

ひっかかる事故→まちがいなく0に。

コードが汚れる、コードで他の部分を汚す→0に。

作業完了後コードをキレイに吹き上げる時間→0に。

電源を探す時間→0に


そんなことで当社のマシーンは現在続々とコードレスタイプに切り替えていっています。

 

結構充電が大変ですけど(笑)

>>レポート一覧へ戻る

ページの上部に戻る