ワックスとコーティングの違い

床を保護し美しさを維持するために行う「ワックス」と「コーティング」。どちらにも床を傷や汚れから保護するといった役割がありますが、ワックスとコーティングの違いについて理解されている方は少ないのではないでしょうか? それぞれのメリット・デメリットを知り、適切なものを選びましょう。

ワックスの特長

光沢があり、見栄えのする素材です。目に見えない床のデコボコも平らになり、光を均一に反射します。汚れが蓄積しても簡単に剥離して塗り直せます。また、1回の施工がコーティングよりも安価なのも大きなメリット。定期的に適切なメンテナンスすることで、美しさを維持できます。

コーティングの特長

塗膜が硬いため、磨耗しにくく滑りにくい、耐久年数が長いといった特長があります。ただし部分的な補修はできず、補修の際はすべてかけ直すことになります。そのため、一回の施工をワックスと比較すると高価になります。

ワックスとコーティングの比較

  ワックス コーティング
膜の状態 コーティングと比べると軟らかい 硬い
耐用年数 定期的なメンテナンスで
長期間美観を維持できる
10~30年
費用 1回の施工が安価 1回の施工が高価
施工時間 短い 長い
メンテナンス 1~2ヶ月に1回の定期的な
メンテナンス
1~2年に一度の剥離清掃
メンテナンスはほぼ不可能
やり直す場合は最初から
歴史 昔からあり管理方法が
確立されている
歴史が浅く種類も多く
問題点が抽出しきれていない

床清掃お任せ隊では、美しさを維持するといった観点から、ワックスをおすすめしています。お手入れがしやすく、定期メンテナンスを行うことで常に美しい床をキープ。丁寧なメンテナンスを行うことで汚れを残しませんので、再度ワックスがけをしたあとは、真新しい輝きが実現します。また、従来の床ワックスの管理方法を見直すことで生まれた、高光沢・高耐久・低コストを実現する「ハイソリッドシステム」を導入。そのメリットについて詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

高光沢・高耐久・低コスト!ハイソリッドシステム

ページの上部に戻る