ハイソリッドシステム

ハイソリッドシステムは、世界最高品質のウルトラハイソリッドワックスを使用し、初期導入時にワックス被膜をしっかり作り上げます。最初にしっかりと被膜を作ることで、日常的なお手入れはほとんど不要。定期的に清掃スタッフが行うメンテナンス作業も簡単なもので済み、時間と費用を大幅に抑えられます。

ハイソリッドシステムはここが違う!

1 高光沢!

初期施工時から美しい光沢が実感でき、光沢計で測定した光沢度に基づいたメンテナンスを行うことで、美観を長期間にわたりキープ。厳密な日常管理が必要とされるドライ管理のような「濡れたようなツヤ」を、簡単な定期メンテナンスで実現できます。

左の写真:一般的なワックスの光度 右の写真:ハイソリッドシステムの光度 光度は鏡を100としたときの明るさを示すものです。

2 高耐久!

強化ウレタン配合の最高品質ワックスを使用します。表面が硬いため傷が入りにくく、優れた耐久性を誇ります。ヒールマーク(靴の跡)にも非常に強いのが特長。歩行頻度が高くワックスの持ちが悪い場所でも安心です。

3 低コスト!

ワックスの美しさを長期間維持できることから、従来の一般的な床ワックスのウェット管理と比較してメンテナンスにかかる作業時間が短縮されます。その結果、コストが大幅に削減。定期メンテナンスまで含めて考えると非常にコストパフォーマンスに優れたシステムといえます。

ハイソリッドシステムが低コストの理由

ハイソリッドシステムは、ドライ管理とウェット管理の両方の利点が活かされた最新の床メンテナンス方法です。

初期施工時からドライ管理のような美しさが実感できるにもかかわらず、日常清掃はドライ管理ほど厳密に行う必要がありません。また、ウェット管理で行う剥離作業のような大掛かりなメンテナンスの周期が大幅に延長されます。このことから、料金的にも大幅な低コストが実現しているのです。

ハイソリッドシステムのコスト構造

ハイソリッドシステム導入作業と管理内容

STEP1.初期導入(当社スタッフ)

床の状況を確認

既存ワックス層の剥離

下地形成

ワックス被膜を3層形成

(このときのみ、かなりのお時間をいただきます)

STEP2.日常管理(お客様)

基本的にノーメンテナンス! 汚れたら水拭き

防塵マットの設置でダストコントロール
(土砂の持ち込みのみご注意ください)

STEP3.定期清掃(当社スタッフ)

除塵作業後、床の状況に応じて適切なメンテナンスを行います。

床の状態が良好な場合 汚染度が高い・光沢数値が低い場合
バーニッシャーによる光沢復元作業
(光沢復元剤を併用)
  • 定期清掃4回中3回程度はこの作業
  • 作業時間が短いため、立ち会いの時間も短縮
  • 作業直後の歩行も可能!
床洗浄作業

ワックスの塗り足し作業(パッチ作業)
  • 定期清掃4回中1回位の割合です

従来の床メンテナンス方法ではご満足いただけなかった方は、ぜひ当社にご相談ください。お見積もりは無料です。一度、当社社員が現場確認に伺い、お見積もり、現場の状況に合わせた施工のご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

剥離清掃時の追加料金はいただいていません

もともと剥離作業の周期が長いハイソリッドシステムですが、剥離清掃が必要になった際も追加料金をいただくことはありませんのでご安心ください。そもそも、剥離清掃の周期は業者の作業品質によっても変わるもの。業者の責任ともいえる剥離清掃にかかるコストを別料金として頂戴することは筋が違うと考え、当社では、通常のメンテナンス費用内にて対応しています。当然のことではありますが、責任と自身を持っているからこそできるサービスだと考えています。どうぞ安心してお任せください。

ページの上部に戻る